違法ダウンロード罰則化のメリット?デメリット?とか♪

2012年10月1日から「私的違法ダウンロードの罰則化(改正法119条3項)が施行され、特にインターネットを良く利用する人達の間で話題になってます。

まぁ簡単に説明すると違法にアップロードされている音楽や映像をダウンロードするとちょっと前から違法だったのですが、特に罰則はありませんでした。しかしそれではあまり効果がなかったので、今回は罰則をつけましたよ、って話です♪

ネットでは様々な危険性やこれが音楽、映像を作るクリエイターのためになるのか等心配されている人も多いのですが、私はちょっと視点を変えて「いや、それはないだろう…」的な考えをいろいろ書いていこうと思います♪

一応先に言っておくと、今回のこの法律に賛成か反対かと聞かれれば

「えっ、えっと…どっどっちでもいいんじゃないかと」

とか言ってしまいそうなぐらい中途半端です(笑)

というのも著作権でお金を儲けている人にしてみればやはり今回の罰則化は嬉しいだろうし、音楽を自由に聴きたい人には不安が増えて嫌なんだろうと思います。

私はそのどっちでもない(ある?)ので今回は適当なことをいろいろ書いてみますね♪

 

まず、今回の法律改正は地球環境に悪い!!

いきなりわけわかんないよね…って感じですが、実はこういう研究結果があります。

ストリーミングがCDより地球に悪くなる境目 : ギズモード・ジャパン
「圧縮しないで楽曲12曲をストーミング(ダウンロード)すると、ひとり27回ダウンロードするだけで、12曲入りアルバムのCD1枚を製造・配送するのに匹敵するエネルギー消費量となる。 」

アメリカのティーンのうち、64%の子がYouTubeで楽曲を聴いており、YouTubeが今や一番の音源。このYouTube、2010年には世界電力消費量の約0.1%を占めていたんですが、このままいけば2013年には1%に達する、と報告書では予想してます。また、2027年までにはデータのトラフィックが1ヨッタバイトに達し、なんと2010年の地球全体の電力消費量の5分の1以上必要になる、とも書いてます。

実は今回の法律ではyoutubeで視聴したりするだけでは罪には問われません。となるとますますこういったサイトで音楽聴くユーザーが増える可能性は高いです。
しかもローカルに保存すれば違法なので、毎回ネットに繋いで再生しないといけないという…。。。

環境保全団体は断固として今回の法律改正には反対すべきだったんです!
電力消費が増えるということは原発の再稼働にも拍車がかかるので、反原発派もこの法案には反対を…とかいってみたりして♪

 

ちなみに動画投稿サイトにおいては上にも書いた通り刑罰の対象にはなりません。これはデータをダウンロードしながら再生するという仕組みであり、つまり仕方なく複製したことになります。このような複製(キャッシュ)は他の条文で著作権侵害にはあたらないのです。

そこでダウンロードはダメで、キャッシュは大丈夫という部分に注目。

ということは、一時期悪の権化の如く言われてきたファイル共有ソフトもキャッシュ保存なら問題ないような…。。。
てかwinnyもtorrentも保存方法はキャッシュだったような…。あれ?違法なのか微妙になってきた。

もし仮にファイル共有ソフトのキャッシュは違法だと言われれば、ストリーミング再生(基本キャッシュを残さない)なら大丈夫なはず!とか言ってみる。
ということでファイル共有ソフトでストリーミング再生できる機能さえ整えば音楽、映像視聴に関しては問題ないようにも思えます。

これは私の妄想なので本当に大丈夫なのかはわかりませんのでご注意を!
実際する場合は詳しい方に聞いてください!!

とまぁ、逃げ道だけは作っておかないとね…。
でも大丈夫だと思うんだけど、どうなんでしょうね(笑)

私はファイル共有ソフト、つまりP2Pの技術はもっと活用すべきだと思うんですよね♪
まるで著作権を侵害するだけのツールだと思われているのが勿体無い(実際違法アップロードされたものが大半なので反論はできないけど)

まぁこの件に関してはまた別の機会に書いてみたいと思います♪

 

で折角なので今回のこの違法ダウンロード罰則化でのメリットは何かを考えてみます。

まぁ違法ダウンロードが減り、著作権により入るはずだった収入がちゃんとアーティストやクリエイターに分配されるということなんでしょう。多分、どこかの協会のお偉いさんの懐が暖かくなるだけなのかも…。

でも私が思う最大のメリットは

子供に「違法ダウンロードは犯罪だからダメ!警察に捕まるよ!!」と教えられることだと思ったり♪

子供に教えるにはこの方法が一番確実で何よりわかりやすい。
「自分の作ったものを人に真似されると嫌だから、自分もそれをしてはいけない」という道徳的なところから教えるのが一番なんでしょうけど…やはりわかりやすいのが一番です。

例えるなら「車の通っていない見通しのいい道路で、赤信号を無視してはいけいないのはナゼ?」と子供に質問されたときはすっぱり「犯罪だからダメ!」と教えるような感じ。特にちょっとウンチクを覚え始めた中学、高校生あたりはこういった方早い、と思う♪

 

といった感じに、メリット?、デメリット?、そしてその抜け道について書いてみましたが結論からいうと、正直施行されて誰かが捕まらないとわからない、という状況だったり。
まぁ今回の的外れは考えは今後も議論されることはないと思いますが(笑)

私は今回の改正で劇的に違法ダウンロードが無くなったり、CDの売上が伸びるようようなことはないと思ってます♪

むしろCDが売れなくなったのは違法ダウンロードが原因ではなく、ただ劣化していくばかりの音楽業界の今の実力なだけだと思ってたり。
てかデフレの日本で売上が落ちるのは当たり前。それに違法ダウンロードとCDの売上の因果関係をまず証明しないと……と愚痴を言い始めたらキリがないのでこのあたりで終わっておきます♪

ということで今後も音楽関連、または著作権については適当に書いていこうと思います♪

カテゴリーblog

スポンサードリンク

この記事を書いた人 :

私の曲をより広くの人に演奏してらえたら、それはとっても嬉しいなって思うのでした♪ 私の曲は自由に編曲・演奏・その他いろいろ使ってもらって大丈夫です♪ 演奏ユニット:あろきゃに♪(http://arrocany.com/)もよろしくです♪